So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

8月予定確定の連絡 [予定]

夏休み中の予定の変更はこのページで連絡しますので、細めに確認してください。


7月28日(月).29日(火)休み


7月30日(水)TM
会場 こてはし台中
対戦相手 習志野2中、市川大洲中
時間 7:20集合、14:00頃解散予定


7月31日(木)休み


8月1日(金)休み


8月2日(土)TM
会場 こてはし台中
対戦相手 ポカルス
時間 7:20集合、16:00頃解散予定


8月3日(日)TM
会場 臼井南中
対戦相手 臼井南中、多古中
時間 8:00現地集合、16:30頃解散予定


8月4日(月)TM
会場 旭市文化の杜
対戦相手 飯岡中、ジョガドール
時間 7:00学校集合、7:15スリーエフ、18:00頃解散予定


8月5日(火).6日(水)休み


8月7日(木)TM
会場 八千代西中
対戦相手 八千代西中
時間 8:00現地集合、13:00頃解散予定


8月8日(金).9日(土)休み


8月10日(土)TM
会場 こてはし台中
対戦相手 カネヅカ、天戸中、法田中
時間 7:20集合、17:00頃解散予定


8月11日(日)〜16日(土)休み


8月17日(日)TM
会場 こてはし台中
対戦相手 ブリエッタ
時間 11:30集合、18:00頃解散予定


8月18日(月)TM
会場 こてはし台中
対戦相手 エスポルチ藤沢
時間 7:20集合、17:00頃解散予定

8月20日(水)TM
会場 緑ヶ丘中
対戦相手 緑ヶ丘中
時間 8:00現地集合、13:00頃解散予定


8月23日(土)TM
会場 こてはし台中
対戦相手 松ヶ丘中
時間 7:20集合、16:30頃解散予定


8月25日(月)TM
会場 こてはし台中
対戦相手 蘇我中
時間 7:20集合、16:30頃解散予定

7月27日(日)TM結果 [試合結果]

会場 こてはし台中/東邦中
天候 晴れ

こてはし台中 6-0 花見川一中(20×3)
(得点:タイト2、ヒロム2、イノレン2)

こてはし台中B 0-4 花見川一中B(20×3)

こてはし台中 3-1 東邦中(30×2)
(得点:ヒロム3)

こてはし台中B 2-3 東邦中B(25×2)
(得点:シュウト、ソウタ)


緊張感があり、なおかつ楽しいと感じるゲームを繰り返すことが大切です。トップチームは、今まで以上にこちらの要求が高まるのは必然です。失わない技術と判断、守備におけるハードワーク…そしてチームとしての一体感。これらを更に一歩上に高めなければなりません。

厳しさを自分たち自身で求められるようにもっと強く逞しくなって欲しいです。そのためには自立です。色々なことに気づいて感じて修正を加えていく力を蓄えましょう!

Bチームは、ゆったりとあえて簡単にやらず相手と駆け引きしながらボールが持てつつある選手が少しずつですが出てきています。遊び心が持てるようになるまでは、相当のボールの触りこみと相当の根気が必要になってきます。ボールタッチを見ても、まだまだボールの触りこみ不足ですね。利き足を意識しながら伝説的に触りこんで欲しいです。伝説的にです!クタクタになるまでです!他の人よりもです!これはトップチームも同じです。両足でバタバタと触っている時ほど、簡単に失っているのですから。


次回の活動
7/30(水)TM
会場 こてはし台中
対戦相手 習志野二中、市川大洲中
時間 7:20集合、14:00頃解散予定




7月26日(土)TM結果 [試合結果]

会場 千葉大附属中
天候 晴れ


こてはし台中 4-0 千葉大附属中(20×2)
(得点:レオ、ヒロム、ヒロト、イノレン)

こてはし台中 13-1 長南中(25×2)
(得点:シンヤ2、レオ3、ヒロム5、タイト、カズマ2)

こてはし台中B 1-3 千葉大附属中B(20×2)
(得点:ナオキ)

こてはし台中B 0-0 長南中B(20×1)


Aチームは、パスで崩すことテーマにチャレンジしました。今までの一年間ドリドリドリでやってきましたが、ゲームの中でつなげるべきはずのパスミスが多いのがとても気になっていました。ボールを持つ感覚は高まってきました。後はチームとして簡単にはボールを失わない力をつけていかねばなりません。

ボールがない時に、どこを見ているか?何を見ているか?何を狙っているのか?準備がない時は、ことごとく失っていました。また、選択肢が一つの選手は、その一つがふさがれた時に必ずと言っていいほど失っていました。パスだけで崩すというテーマは継続していきたいと思います。


ピッチの外側がとても気になります。

image-20140726164229.png

残念ながらこれを見て感じる選手はまだまだいないようです。「乱れていたら気持ちが悪い」という感覚になるまで相当な時間がかかりそうな気がします。プレーの質もこの写真のような雑な場面が多いことに何人が気づいているでしょう?


昨日、真砂中でゲームがありました。残念ながら解散後、真砂中に本校のボールが3個落ちていて私の所に連絡がありました。ボールを持ち帰っていない選手が3人いるということです。残念ながら今回が初めてではありませんし、その3人は帰り支度をしている時に自分の持ってきたボールがないことに気づいていません。

これではピッチの中で色々なことに気づくことなどできるはずがありませんし、勝利の女神が微笑んでくれるはずもありません。大変残念なことです。

ボールがない選手は明日正直に申し出て下さい。夏休み中に練習試合を多く組んでいますが、基本的なことが出来ないようであれば考えざるを得ません。今日の帰りに「君らの様子を見てサッカーが出来ていることに感謝の気持ちが持てている選手は半分だ」という話をしました。お弁当を作ってもらう、交通費を出してもらう、スパイクを買ってもらう…全て当たり前ではありません。もう一度考えて下さい。我々は何を大切にしなければならないのでしょうか?




7月25日(金)TM結果 [試合結果]

会場 真砂中
天候 晴れ

こてはし台中 1-0 真砂中(20×3)
(得点:レオ)

こてはし台中B 1-0 真砂中B(20×3)
(得点:コウヘイ)


過酷な気温の中のゲームでした。全体的に、ボール扱いが雑でちょっとしたコントロールミスや数mズレて相手に簡単に渡してしまうパスミスが多く、ゲームを優位に運ぶことができませんでした。

簡単に相手にボールを渡してはダメです。一つ一つのプレーに責任を持ちましょう!


明日のTM予定
会場 千葉大附属中
対戦相手 千葉大附属中、長南中
時間 8:00現地集合、16:30頃解散予定





7月24日(木)TM結果 [試合結果]

会場 有吉中
天候 晴れ


こてはし台中 6-6 有吉中(20×5)
(得点:ヒロム2、タイト3、レオ)

こてはし台中1年 1-4 有吉中1年(20×3)
(得点:コウヘイ)


新チームとしてはじめてゲームでした。先日の悔しい敗戦から、我々は何を感じ、何を学び
何を目標として進んでいくべきなのか?来年の総体はあっという間にやってきます。ピッチの外も中も「確かな積み重ね」が本当の本当に大切です。時には、自分のやりたいことを犠牲にしなければならないことも出てくるでしょう。来年の夏に最高の笑顔で終われるようにみんなの力を一つの方向に向けていきましょう。

さて、ゲームは休み明けということで体が重く、動きにキレがありませんでした。チームとしての課題は、ハッキリしています。「守備」ですね。今の守備では上まで勝ち残ることは無理でしょう。しっかり競り合う、体をぶつける、こぼれを早く拾う、しっかり寄せる、失った後に直ぐに全力で奪い返しにいく、などの厳しさが全くありません。

もう一つの課題は、ピッチ上でもっと伝え合うことです。黙ってプレーしている場面が多過ぎます。ひと声かけてやれば、ピンチが未然に防げたシーン、攻撃時に無駄にボールを失わずに済んだシーンが山ほどありましたね。「声を出す」ことの習慣化を普段から図って欲しいです。もちろん挨拶、返事が出来ないとピッチの中も同じです。「自分の意思」をしっかりと仲間に伝えられる力が大切です。「自分が何をしたいのか?」「仲間に何をして欲しいのか
」自分の意思を強く持ちましょう!チーム力はそれだけでも大幅にUPします!

伝えると言えば、一年生はゲーム後に対戦相手との合同ミーティングを実施しました。相手から見た本校の課題や良さ、本校から見た対戦相手の課題や良さを伝え合いました。恥ずかしさから声の大きさが小さかったり、下を向きながら話したり、なかなか上手くいかない様子が見られましたが、とてもいい経験をしました。定期的に行っていきたいと思います。

これらは他ではなかなか見られない取組です。単なるサッカーの技術のみならず、人間力も同時に高めていくことでもっともっと素敵になって欲しいです。


明日のTM予定
会場 真砂中
時間 8:30現地集合、13:00頃解散予定


連絡 [予定]

予定表では、22日(火)は練習になっていますが休みとします。

次回の活動は、25日(金)のTM(会場:真砂中)となります。よろしくお願いします。

26.千葉市総合体育大会1回戦結果 [試合結果]

会場 高洲一中
天候 曇り

こてはし台中 1-3(1-2) 緑町中
(得点:レオ)


ゲーム内容はあえて書きません。


ピッチに立った選手、応援していた部員が何を感じて、何を学んで、何を得たのでしょうか?今日のゲーム終了後、私自身率直に思ったことです。


試合終了のホイッスル後、負けた悔しさそのものよりも何か心の中にポッカリと大きな穴が空いたような気持ちでした。三年生は入学からサッカー部として活動してきた二年半。我々は一体何を目標にやってきたのか?少し整理する時間が必要のような気がします。


勝ったから良い、負けたからダメではありません。もちろん人生はトーナメント戦ではありません。何度も負け、失敗し、その度に立ち上がり前を向く。この繰り返しで人は成長していくのだと思います。


我々はこの日のゲームを決して忘れてはいけません。

この日の気持ちを決して忘れてはいけません。

この日のゲームを糧にしなくてはいけません。


サッカーという素晴らしいスポーツを通して、人間的に大きく成長する先に、真の勝敗というものがあるような気がします。ですから今日は勝ったのか?負けたのか?正直結論は出ません。


自分で考えて、工夫して、チャレンジして、修正して、積み重ねて、ブレずに信念を貫いて欲しいです。


保護者の皆様、本日は沢山の応援、差し入れなど本当にありがとうございました。今後も応援をよろしくお願いいたします。


7/25(金)TM
会場 真砂中
時間 8:30現地集合、13:00頃解散予定










7月17日(木)TM結果 [試合結果]

会場 㸿橋高校
天候 晴れ


こてはし台中 1-2(0-1) 㸿橋高校(30×2)
(得点:タイト)

総体前の最後のゲームでした。緊張感のあるとても良いゲームが出来たのではないかと思います。本番に向けて、部員一人一人が自分のできることを精一杯やって欲しいと思います!

今まで積み重ねてきたことに自信を持って、記憶に残るゲームが観れることを今からとてもワクワクしています!


1ミリのこだわり [雑感]

「成績の優劣は根気で決まる」

黒田 紫 著
「90%は眠ったままの学力を呼び覚ます育て方」P46より


繰り返し学習のできる「根気」をつけるには

高校生を教えていて日々実感しているのは、成績の優劣の違いは、繰り返し学習のできる「根気」があるかないかによる、ということです。

何かひとつ新しいことを学んでも、それをしっかりと自分の知識にするには何度も書いたり読んだり、問題を解いたりする繰り返し学習が必要です。でもそれをするには、それなりの根気が必要です。あまり勉強が得意ではない生徒達が必ず口にするのが「だりぃ」「疲れた」「えー、まだやるの」「もう、やだ」です。

「繰り返し学習」は彼らにとって、おっくうでかったるい嫌なもののようです。小さな頃に、嫌なものと思ってしまう前に「繰り返し学習」を習慣づけしてしまうことが大切です。

線を書くことから

一番最初にやるべき「繰り返し学習」は線を描くこと。直線を描くことは難しいので「らせん」が適当です。

中略

入試の場合、多くが記述試験、さらに二次試験には小論文があります。医学部以外の大学入試でも、筆記試験や小論文を課すところがほとんどです。内容が同じくらいに素晴らしかったら、綺麗な字できちんと書いてある方が印象がいいに決まっています。書いてあるのかないのか分からないような弱々しい文字でクニャクニャと書いてあったら、採点者だって読む気がしなくなるというもの。

中略

慣れてくると、大きさや幅、そして曲線の曲がり具合を替えて、色々ならせんが書けるようになります。すると、子供たちにも欲が出てきて「もっと綺麗なものを書きたい」と思うようになります。幅が全く同じもの、1ミリの違いのないものを。

その「1ミリも違わないようにしないというこだわり」が、実は勉強ができるようになるためにはとても大切なことなのです。ちょっとくらい間違ってもいいや…と正確に漢字や英単語のスペリングを覚えない子、計算が違っていても気にならずになんとなく解いている子。その子たちに共通しているのは「まぁ、いいや」という妥協です。

「1ミリも違わないようにしようというこだわり」を持った子は、それができないととても気持ちが悪かったり悔しいと思うのです。物事をきちんとやっていこうという積み重ねが、結局はその子の力となります。できないこと、わからないことをそのままにしておくことが気持ちが悪い…その積み重ねが、効率良く勉強する力をつけさせます。

また「1ミリも違わないようにしようというこだわり」は、実は入試を突破するにあたって、とても大切なことなのです。倍率の高い医学部はもちろん、入試では わずか1点の差が明暗をわけることになります。英語なら3人称単数のsをつけ忘れるとか、そんな初歩的なミスでも命をとりかねないのです。細部まで神経をいきわたらせることは本当に大切なことです。

以上



小さなこだわりをもつこと。そしてそれらを積み重ねること。「繰り返し学習」=「基礎基本の反復練習」サッカーに繋げて考えても同じことだと思います。ピッチの中でのこだわり、ピッチの外でのこだわり。まだまだやれることはたくさんありそうです。普段を大切にしていきましょう!



7月の予定
19日(土)市総体1回戦
会場 高洲一中
対戦相手 緑町中
時間 13:30キックオフ

20日(日)市総体2回戦
会場 高洲一中
対戦相手 未定
時間 13:45キックオフ
※敗退の場合は休み

21日(月)市総体3回戦
会場 フクアリスクエア
時間 13:45
※敗退の場合は休み

22日(火)TR
9:00〜12:00

23日(水)市総体準々決勝、準決勝
会場 フクアリスクエア
※敗退の場合は休み

24日(木)市総体決勝
会場 中田球技場
時間 11:00キックオフ
※敗退の場合は休み

25日(金)TM
会場 真砂中
時間 13:00〜16:00
対戦相手 真砂中

26日(土)TM
会場 千葉大附属中
時間 9:00〜16:00
対戦相手 千葉大附属中、長南中

27日(日)TR
9:00〜12:00

28日(月).29日(火)休み

30日(水)TM予定

31日(木)TM予定

8月の予定は今週中にお知らせいたします。

8月確定分
3日(日)TM
会場 臼井南中
時間 9:00〜16:00
対戦相手 臼井南中、多古中

4日(月)TM
会場 旭市文化の杜
対戦相手 飯岡中、ジョガドール
※貸し切りバスにて移動

10日(日)TM
会場 こてはし台中
時間 7:20〜17:00
対戦相手 市川カネヅカ、天戸中、法田中

11日(月)〜15日(金)休み

以上となります。よろしくお願いいたします。





7月13日(日)TM結果 [試合結果]

会場 こてはし台中
天候 曇り

こてはし台中 3-1 草野中(30×3)
(得点:イシショウ、ヒロキ、レオ)

こてはし台中B 1-0 草野中B(25×2)
(得点:イノレン)

こてはし台中1年 3-2 草野中1年(25×2)
(得点:ナオキ、シュウト、ソウタ)


いよいよ来週は総体が始まります。何度も繰り返しますが、勝負はおよそ試合前に決まっています。ピッチの外で決まっています。

残念ながら、今日は荷物周辺に大きな課題がありました。身の回りのことに気づけなければ、ピッチの中で気づけるはずがありません。ピッチの外が雑であればピッチの中も雑になります。勝敗は「ちょっとしたこと」で決まります。その「ちょっとしたこと」がピッチの外で出来なければ、ピッチの中では「ちょっとしたこと」で負けてしまう確率も高まってしまうでしょう。我々はそれらを身をもって感じてきたはずです。


日本で最終的に一度も負けずに大会を終えることのできるチームは1チームだけです。しかし日本一素敵なチームは、「心がけ次第」でなれるのではないでしょうか?挨拶や返事が気待ちよく出来る、荷物整理がいつでも綺麗に出来る、ミーティングでみんなが意見を出し合いながら物事を進めていくことが出来る。大人にあれこれ言われずとも自分達で自分達のことを治めていくことが出来る。このような力がサッカーにおいては、しいては社会に出てから大切なことではないでしょうか?


そう考えていくと単純に勝った負けた、試合に出た出ないだけが重要でないことに気づきます。まずは千葉県一素敵なチームを目指す心を部員一人一人が持って欲しいと思います。


前の10件 | -