So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

逃げない [雑感]

久しぶりの練習で感じたこと。

リフティングの取組に、個人個人の心の中の様子や心の状態が伝わってきました。できないことに対して、投げやりになってしまう個、集中力が持続しない個、やらされ感ありありの個、疲れたと言って休みが多い個。これらは普段の生活の中も同じで、気持ちのコントロールに課題を持っていることとつながっているように思います。

一方、夢中になっていて上手くなりたいオーラが全開の個。スポンジが水を吸い取るようにどんどん技術が高まっています。リフティングが安定し、移動距離も長くなっています。

されどリフティングですが、自分の中にしっかりと軸を持って取組むことを習慣として欲しいです。できないことや上手くいかないことから簡単に逃げないで欲しいと思います。

目の前のボールを自分の思うようにコントロールすることは、基礎基本です。基礎基本なくしては、その先はありません。試合に勝ったとか、トレセンに選ばれたとか、レギュラーとか、そのようなことは大事ではありません。たまたま勝ったり、たまたま選ばれたりすることがあるからです。しかし、技術は偶然では発揮できません。それ相応の努力が絶対的に必要であり、偶然は絶対にありません。誤魔化せません。

できないことから逃げずに、正面から向き合い努力を重ねるその姿勢こそが、「成功」です。もう一度、自分の取組を振り返ってみて下さい。まだまだ、上手くなれますよ!




パフォーマンス=能力×情熱×考え方 [雑感]

サッカーを色々なことに置き換えて考えてみても、何事にも通じる思考ではないかと思います。

勝った負けた。

出た出ない。

選ばれた選ばれない。

上手い上手くない。

決してそれが全てではありません。

本当の勝ちとは何でしょう?


http://blog.livedoor.jp/fchuma_blog/

今週末の予定変更になりました [予定]

10/25日(土)TR
会場 こてはし台中
時間 8:00-11:00


10/26日(日)
TR.TM
会場 こてはし台中
対戦相手 千葉県トレセンU13
時間 12:00集合、16:30頃解散予定


11/1(土)TM
会場 磯辺中
対戦相手 磯辺中


11/2(日)TR(AM)TM(PM)
会場 こてはし台中
※AMは、こてはし台SCとの合同TR
対戦相手 未定


11/3(月)TR
会場 こてはし台中
時間 9:00-12:00


11/8(土)県新人戦1回戦

10月19日(日)TM結果 [試合結果]

会場 美浜ふれあい広場
天候 晴れ


こてはし台中 3-4 JSC千葉(30×2)
(得点:ヒロム3)

こてはし台中 3-0 ブリエッタ(30×2)
(得点:ヒロム3)

こてはし台中B 0-2 ブリエッタ(30×1)


「ボールが持てること」が、どれだけ重要かを実感する1日でした。プレスをかけに行っても中々ボールを奪えず、普段感じないストレスを抱えながらのプレーの連続でした。力の抜けたドリブルは、本校はできませんが、相手チームは習慣化してましたね。本校の朝練習のミニゲームでの力の抜け具合が、今日の相手のドリブルでした。ということは、相手は余裕があって、本校は余裕がなかった、ということです。

もう一つの違いは、本校は相手を交わしに行くドリブルばかりでしたが、相手は敵の状態をよく見て、突破が無理と判断すればスクリーンしながら(キープしながら)奪われないようにしながらボールを持てていたように思います。だから、「歩いてドリブル」しているシーンも多かったです。この「歩ける」ということが実は大事です。本校も歩けるような力が付いてくるといいですね。

決定的な違いである余裕はどこから来るのでしょうか?それは自信だと思います。「取れるものなら取ってみん!」的な気持ちが相手にはあったように思います。先日の日本代表ブラジル代表のような位置関係のような感覚を覚えました。勿論、本校が日本代表です。

今日感じた悔しさを忘れずに、自分の意識レベルを一つ上に引き上げて下さい。それと弱気な自分を変える努力も同時にしていきましょう!サッカーは、メンタルスポーツです。精神的な状態がパフォーマンスに直結します。何度も繰り返しますが、自信が持てるまでやりこみましょう!仲間と戯れている時間はないはずです。

26.新人戦準決勝結果 [試合結果]

会場 フクダ電子スクエア
天候 晴れ

こてはし台中 0-2(延長) 打瀬中


ゲーム前のミーティングの質が日に日に高まり、荷物整理もバッチリで気持ち良くゲームに入ることができました。


今日のゲームは残念ながら敗れてしまいましたが、自分たちでよく考え、創っていると思います!自分たちから動くこともできるようになっています!もっと自信を持ちましょう!


ゲームの振り返りです。


今日のプレーは、勇気が足りず、全体的に小さくまとまり過ぎるような印象でした。攻守に渡って、もっとエネルギッシュにダイナミックに動く姿があると良かったです。


前半は、相手の出足が早くセカンドボールを終始拾われ、なかなかリズムに乗れませんでした。特に立ち上がりはディフェンスラインの裏をシンプルについてくる長いボールを簡単に蹴らせてしまうなど、ゲームの入り方がよくありませんでした。結果的に立ち上がりの重さが、最後まで響いてきたように思います。


後半に入り、15分間ほどは動き出しが早くなり、相手コートでの展開が続きました。決定的なシーンもありましたが、決めきることができませんでした。しかし今日は残念ながらそのリズムが長続きしません。自分たちのミスから再三長いボールを裏に出され、決定的なピンチも迎えましたが、なんとか凌ぎます。終了間際にも決定的なシーンがありましたが、相手の粘りに得点を奪えず延長戦に入ります。


延長前半開始直後、ハーフウェイライン付近での細かいつなぎを奪われた所から、一瞬にしてロングシュートを決められ先制されてしまいます。その後、反撃を試みますが流れをつかめず、逆にFKから裏を取られ二点目を奪われゲームは終了してしまいました。


やれることをやりきった感が残らず、悔いの残るゲームであることは部員全員感じていると思います。今日のゲームを糧に明日から「今やる、すぐにやる、できるまでやる」を合言葉に、徹底的にボールを触り込みましょう!自信は、意識の高い積み重ねから培われます。「ボールが持てる」「ボールを奪われない」ボールが持てる選手が最強です。


チームの課題としては、
①ボールを呼び込む動き出しや声かけを増やすこと。
②ヒロムがボールを持ったときに周りが任せきりにして止まらないで動くこと。
③自分の意志をピッチの中で表現すること。(ここに欲しいからここに出してくれ!という強い意志)

以上の3つが気になりました。


余談。
昨日の放課後に臨時自転車集会がありましたね。そのため、残念ながら練習ができませんでした。公式戦の前日に練習ができない、と言うことは大きな痛手です。もう一度考えてみてください。ルールが守れないと良いことは何一つありません。ピッチの外側の過ごし方をもう一度見つめ直して下さい。運を呼び込む間接的スキルの向上にも目を向け取り組んでいくことが大切です。


保護者の皆様、本日も温かい応援ありがとうございました。県大会に向けていい準備をしていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。


明日の予定
会場 美浜ふれあい広場(旧磯辺一中近く)
対戦相手 JSC千葉U14、ブリエッタ
時間 11:00現地集合、16:30頃解散予定

10月19日(日)TMについて [予定]

10/19(日)
会場 美浜ふれあい広場
対戦相手 JSC千葉U14、ブリエッタ
時間 11:00現地集合、12:00kickoff、16:30頃解散予定



10/18(土)
新人戦準決勝
会場 フクダ電子スクエアA面
対戦相手 打瀬中
時間 9:30kickoff


10月13日(月)TM結果 [試合結果]

会場 こてはし台中
天候 曇り、雨


こてはし台中 5-4 ジョカーレU13(25×3)
(得点:シンヤ、カズマ、ヒロム2、レオ)

こてはし台中1年 2-8 ジョカーレU13(25×2)
(得点:タイチ、コウヘイ)


「プレーを決めない」

パスと決めたらパス。

ダイレクトと決めたらダイレクト。

ドリブルと決めたらドリブル。

スピードと決めたらスピード。

そうではなく、プレーを変えられる柔らかさをもっと追求しましょう。

相手が困るように、「プレーを決めない」

Aもあるし、Bもあるし、Cもある。

常に色々なことを考えながらやれるようになるともっとサッカーが楽しくなると思います。

セオリーやパターンではなく、アドリブ力(即興力)が大切です。「アドリブラー」を目指しましょう!

そのためには何度も繰り返しますが、ボールを触り込むことです。技術レベルを高める地道な練習が欠かせません。



ラインがとても真っ直ぐで美しい!朝、感動をもらいました!ラインの太さもバッチリですね!このような所からも大きな成長を感じます!



image-20141013123316.png




10/15(水)は、1日オフとします。体のケア(ストレッチやしっかりとした休養)に当ててください。

本日のTMについて [予定]

予定通り実施します。よろしくお願いいたします。

10月12日(日)TM結果 [試合結果]

会場 こてはし台中
天候 晴れ


こてはし台中 45-1 カネヅカ(30×6)
(得点:ヒロム20、レオ7、イノレン7、カズマ5、タイト2、タイセイ、ヒロト、タクミ、リョウマ)

こてはし台中1年 12-9 カネヅカ(30×5)
(得点:コウヘイ4、ソウタ3、シュウト、イクト、タイチ3)

局面のボールを持つ技術は、全体としてカネヅカさんの方が上回っており、得点差は別物です。そこを感じる必要があり、単純に結果で判断してはいけません。スピードに乗ったドリブルで足からボールが離れ失うシーンが目立ったり、味方を使う振りをしておいてドリブルでボールを運ぶ騙しの技術は、見習うべき点であり、まだまだ向上させる必要が大です。

また、疲労が溜まってきた時の体の軸がぶれて、コントロールが効かなくなる場面もありましたので、普段から「疲れるくらい」ドリブルをやり込む必要もあります。「ちょっとやってまぁいいや」では目指す所に到達できません。自分に厳しく負荷をかけていく強さが、最終的に厳しいゲームの中で生きてくると思います。


明日の予定
会場 こてはし台中
対戦相手 ジョカーレU13
時間 7:20-12:00

台風の接近がありますので、実施の判断は朝6:00までに、ブログで連絡しますので確認してください。

10月11日(土)TM結果 [試合結果]

会場 犢橋高校
天候 晴れ


こてはし台中 1-1 磯辺高校(30×1)
(得点:レオ)

こてはし台中 1-2 犢橋高校(30×1)
(得点:ヒロム)

こてはし台中1年 0-13 犢橋高校(30×1)


ゲームを観ていて「リフティングの積み重ねは大事だなぁ」という感想を持ちました。飛んで来たボールをピタッとコントロールして置けるか置けないかで、試合の局面は大きく変わります。勿論置ければ自分のプレーの選択肢は増えますし、置けなければ相手のチャンスに繋がってしまいます。そうしたコントロールは、日々の積み重ねが絶対的に大事であり、今日のゲームを見ていても各々のその習慣が見て取れました。時間と情熱さえあれば、いくらでも成長できますので、仲間と戯れているのではなく、黙々と一人でできるかどうかだと思います。1分1秒を無駄にしないようにです。

今日は高校生が相手でしたが、戦術やフォーメーション、パワーやスピードが云々ではなく、個人個人のスキルが本当の本当に大事だということを実感しました。ボールが体と一体になる感覚が染み込むまで、やり続けて欲しいと思います。(飽きて取り組みを止めてしまう場面がまだまだ多いことがとても残念ですが…)

「あえて簡単にやらない」ことでプレーの幅を広げて欲しいと思います。来たボールをワンタッチ、ツータッチでプレーを続けてもボールを持つ感覚は高まりません。ボールを持ちながら、色々なことを考えられるようになって欲しいです。


明日の予定
会場 こてはし台中
対戦相手 市川カネヅカ

「個だわり」のある相手との対戦です。本校も曲げずに成長していきましょう!



前の10件 | -